NEW NURSING

世界で活躍する疫学者が日本の医療について議論する記事です。

NEXT Health Care

次世代の医療へ

急性・重症患者専門看護師2

前回に引き続き、

急性・重症患者専門看護師(CCNS)へ

のインタビュー記事です。

 

個人的なブログでしか書けない

このニュアンスを楽しんで下さい。

 

前回までは、

「キャリアと大学院進学の話」でした。

 

今回は、

「CNSの役割と次のキャリア」です。

 

f:id:yuito33:20170911051359j:plain

 

Y)そのプライドを捨てるっていうことは

事を成し遂げた人にしか言えないことだよね。

自分に余裕があるから、逆にプライド捨てて、

成し遂げるべき目的のために、へりくだれる。

 

D)っていいながらも、

自分もCCNSとしては1度、

大きな大失敗はしているんだよね(苦笑)

 

理由は色々あったと思うけど、

でもそこで一番の原因は、

『自分も含め、いろいろ「プライド」を持ちすぎていたこと。』

 

つまり、どうでもいいことの対立ね。

 

それでね、この教訓からCNSバッジは、

いつでもはずしてもいいと思うようになったね。

 

専門職として、

このCNSバッチには誇りを持っているけど、

役割の遂行上に、少しでも慢心さや甘えが生じたら、

または、周りと歩調を保てない、

よくわかんないプライドが見え隠れしたら、

もうその時点で、バッチなんて飾りでしかないからさ。

 

だから、そんな自分になった時は、

いつでも外すべきって、

自分を律している、ってこと。

 

つけるなら、恥じない実践、役割を果たし、

甘えるなって思っているんだよね。

 

これはライフワークバランスを犠牲にするとか、

息抜きや遊びをするなって話ではなく。

 

CNSである自分を考えた時にね。

でもこれは持論ね。

 

f:id:yuito33:20170911051451j:plain

 

Y)MADD!!!

若い世代や専門看護師を目指す人に伝えたいことは?

 

D)小生がこんな偉そうに

言っちゃっていいのか、わからないけど。

 

でも、このライセンスを取ったら、

すぐに***ができるようになる、

なんて、まずありえないですからね。

 

よく言っている人を聞きますけど(笑)

 

名称独占も、業務独占も、なんもないですから。

 

一番大事なことって、

認定看護師とか専門看護師とかっていう名称、

ライセンスだけではなくて、

「自分が何を成し遂げたいか」

「あるいは成し遂げれるか?」

ということを考えられているか

が一番大切でしょ。

 

それは、そんな大きなものじゃなくて良くて、

「マジで理想の看護をしたいんだ!!」

っていう情熱とか、

「絶対正しいことを正しいと言える人になりたい!」

「そのためにキャリアを積みたいんだ!」

っていう野望とか、

自分の芯をしっかり持っていることで十分。

 

もっと明瞭化した目的意識があれば、

合理的に勉強も進められるから

その方がいいとも思うけどね。

 

f:id:yuito33:20170911052425j:plain

 

でも、芯をしっかり持っていれさえいれば大丈夫。

目的はすぐにわかるし、見つけられて具現化できる。

 

そのプロセス(キャリア開発の通過点として)に

自分にとっては、専門看護師のライセンスがあったわけで、

自己内省とキャリア開発の本質を理解できたかな。

 

そして、自分の姿勢や行動で

患者のより良いアウトカムを構築するには

マクロな視点で捉え、

それを具体的に理解して解決策を見出し、

愚直に向き合っていけば

良くなる方向性は見出せるわけで。

 

つまり、

自分自身のキャリアを見出すことも、

CNSになった後の役割や行動も同じで、

受け身では、なんにも生まれなくて、

マクロに捉えて、ミクロに自分で行動すること。

 

だから、これからの世代には

自分が実際に何をしたいのかという

認定看護師や専門看護師の先にあるものに

目を向けて、本気でキャリアを考えてほしいよね。

 

資格は通過点、

スタートラインでしかないってことね。

 

別にライセンスばかりに

目を捉われなくてもいいってコトも言いたい。

 

最高のジェネラリストを目指したっていいと思う。

ライフワークバランスもそれぞれあるだろうしね。

 

でも、どんなプロセスでもいいけど、

その中で最善の「努力」をしている

または、努力した自分の存在が重要だね。

 

そこからしか見えないものがある。

 

f:id:yuito33:20170911051300j:plain

 

Y)ちょっと感動した。意外とね(笑)

ここまで、キャリアについて語ってもらったわけだけど、

専門看護師の役割について、わかりやすく説明して。

特に認定看護師と何が違うのかを。

 

D)Yuitoも習ったとおり(笑)

CNSには6つの役割があるわけ。

実践、相談、調整、倫理調整、教育、研究ね。

 

CNSって、研究ばっかってイメージあるよね。

でも、そうじゃなくて、

根底には直接的実践があることは知っててほしい。

 

ただ、簡単にいうと、

常に「影武者」「黒子」って感じ。

 

要するにね、

物事をマクロ(大きな)視点で捉えて、

システム全体の変化を起こしながら

患者のアウトカムを良くする役割なんだね。

 

認定看護師は、もっとベッドサイドでって感じかな。

 

CNSは、グッドプラクティスを形成しながら、

ケアの内容や質を変えていく提案もしていくし、

そのためには、看護チームや医療チーム全体を大切にして、

指導ではなくて教育で、管理とも「協働」して、

補完しつつシステム全体を変えていくイメージだね。

 

特に、アウトカムを構築する上では、

合理的解釈ができる範囲は違うように感じるね。

 

学修してきた量や、持ち合わせる理論数、

自己内省をする期間(=教育期間)が違うことがその理由。

  

「ケアマネジメント」について、

「マクロな視点」と「システム思考」が

ある人っていう感じかな。

 

それが、実践家かつ「黒子」でもある意味。

 

これは自分のキャリアの中で学べている範囲であって、

CNSの先輩はもっと具体的に表現できると思うんだよね。

 

まだまだ修行の身なので、一意見、一考察ということで。

 

f:id:yuito33:20170911051631j:plain

 

Y)専門看護師をどう使うか、管理側も試行錯誤だよね。

 

自分の施設ではアドバンスのキャリアラダーとしては、

# スペシャリスト(専門看護師や認定看護師)

# マネジメント(病棟師長や看護部長)

# ジェネラリスト(現場の熟練した看護師)

の3つに大別しているんだよね。

 

これってすごく

システムとしてはいいなって思っているよ。

 

看護チームの総和がより最大になるように、

個々のキャリアビジョンを明確にしようとする動き。

 

でも、問題というか、大事だなって日々思うことは、

自分のラダーの役割と、その他のラダーの役割を

お互いに深く知り合えているかってこと。

 

「管理にうまく使ってもらえない」

とかよく訴える人がいるじゃん。

 

それ言う前に、

自分から問題の本質を突き止めて

批判じゃなく、改善の提案をするとか、

病院や管理に使ってもらえる人材に自己修正するとか、

まずそれが大事だよね。

 

f:id:yuito33:20170911052813j:plain

 

ただ、スタッフ機能のCNSの経験を踏まえると、

スペシャリストをうまく使えるマネジメントも必要だと思う。

 

看護管理者もいろいろいて、 

最良を考えるためには、

イノベーションは一切不要なんですかって、

ルーティン業務で十分ですかって、

率直に質問したくなる時もあって(小声)

 

なので、CNSの立場で、

あるいはその経験を活かして、

「マネジメント」「看護管理」を

イチから原理原則も含めて、改めて勉強して、

両方を統合できる人材になるのが、次の目標かな。

 

「組織がこうだから、できない」

「できない」ばかりじゃ、何にも変わらないからね。

 

なら、アクションをしろって思うし、

誰もしていないなら、自分がすればいいだけの話。

 

理想の組織にしていく、

あるいは作っていく、っていう意気込みで。

 

大きい組織なんで、時間も労力もかかるとは思うけど、

これ諦めたら、即バッチ外します(笑)

 

アドバンスのキャリアラダーで分かれている

スペシャリストとマネジメントが

オーバーラップすることも必要でしょ。

 

細分化しすぎて、

縦割り産業になったら、灯台下暗し。

 

知ったかぶりは禁物だと思うし、

なら今の倍勉強すべきだ、と思うし。

 

常に自分のつけているバッチの領域だけに

捉われた実践だけにはしたくないかな。

 

あと経験値だけの解釈も避けたいかな。

 

f:id:yuito33:20170911051827j:plain

 

Y)自分をまたゼロに戻そうとすることもすごいよね。

それはRESPECTだわ。CNSの給料は?

 

D)医師や事務などの他の専門職もいるので、

CNSに特化した給料はなくて、

役職と給料で合わせている感じかな。

 

自分の施設は

まだ革新的な働きやすい病院だと思うけど、

正直、あまり給料が変わらないが現状です。

 

でも大事なことって、

権利主張より、義務を果たし、

後世に引き継げる道を開拓しつつ、

成果を出して初めて、

その対価ってついてくるもんじゃないかな?

 

看護は混沌としすぎることも多いけど、

その分、イノベーションの機会も

同じくらいたくさんあるって思っている。

 

中には、しがらみで多くてCNSとして

なかなか活動できない病院も多いらしいし。

 

自分はチームに

理解あるパートナーが沢山いるので嬉しいです。

 

だから、

余計に愚直に頑張れって話に自分を向けられているね。

 

でも、たまに

「宝くじでもあたらないかな」

とか思っちゃうから、それが人間だね(笑)

 

f:id:yuito33:20170911052845j:plain

 

Y)なるほどね。

ひさびさに真面目に話したら、勉強になったわ(笑)

最後にひとこと。

 

D)最近、筋トレが、勉強と同じ構造だと考えているんだよね。

継続は力なりってところが。まじで。

努力しなきゃそこで終わり。重さは上がらないし、

筋肉は付いていかない。

つまり、努力するもしないのも、常に自分次第。

わかりやすい例えでしょう???

 

Y)???でたー。

そういうのまとめがDらしくて、いいね(笑)

サンキュー、ありがとねん。

 

インタビュー終了

 

f:id:yuito33:20170911051929j:plain

 

<Dのコメント>

長々と色々と話してしまったけど、

次世代の皆さんに一番言いたいことは、

「努力次第で未来はいかようにも変えられる」

ということです。

 

そのチャンスは、誰にでも平等にあります。

 

過去の出来事ばかりに捉われるのではなく、

失敗してもいいから、

一歩踏み出してみてはどうでしょうか。

きっと、いいゴールがあるはずです。

 

ただ、それにはちょっとだけ、

努力という痛み、犠牲も必要です。

 

あとは筋トレのように「気合い」が必要でしょう(笑)

 

f:id:yuito33:20170911052936j:plain

 

それと、次世代だけではなく、

現世代の私たちも

よく議論をしなければいけません。

 

私たち「先輩」にあたる人は、

現在の医療背景を捉えながら、

自分に不足する能力部分の継続学習を重ね、

良き実践をパフォーマスできているでしょうか?

 

次世代の問題だけではなく、

現世代が実践を通じてロールモデルを示す、

「看護を見える化できる実践をしていくこと」

が重要だと感じています。

 

「今の子はさあー」の、

「今の子」の「今」は、

私たちが作っている教育システムの鏡です。

 

これから先、

特に日本の医療現場は超高齢社会を迎え、

より複雑な側面を経験することになると思います。

 

私たちが、きちんとしたキャリアを提示し、

次世代がそのロールモデルを見て、

迫り来る複雑さに対応できるキャリアを

しっかりと考えられる時代を作りたいと思っています。

 

看護師のキャリアも

患者のアウトカムも

手遅れになってしまう前に。

 

※写真はすべてDのもので掲載許可済みです。

質問があれば、コメント欄やYuitoのメールまでお願いします。

間接的に、今回のCNSに回答をもらうカタチになります。

 

また、いろんな人にインタビューしていきます。

我ながら最高に良い企画で、「神回」になりました。

 

やほーい。

f:id:yuito33:20120411173602j:plain