NEW NURSING

世界で活躍する疫学者が日本の医療について議論する記事です。

NEXT Health Care

次世代の医療へ

初心忘れるべからず

 

どうもおひさしぶりです。

この1ヶ月と少し、「絶絶」絶不調でした。

 

いやー、ほんとヤバかった。

 

ハワイでの生活も安定してきて、

完全に初心を忘れていました。

 

f:id:yuito33:20180401200858j:plain

 

ハワイの自然を感じる感性も鈍り

雨にも風にも感謝できなくなっていました。

 

仕事のチームメンバーにもイライラして、

最低な人間っぷりを発揮していましたね。

 

そんな嫌な自分にも嫌気がさして

負のスパイラルにはまっていました。

 

ハングリー精神はどこへやら。

感謝の気持ちも忘れていました。

 

f:id:yuito33:20180401194722j:plain

 

先週は春休みで日本に帰国していたのですが、

桜が満開の中、ゆっくりと反省してきました。

 

朝から晩まで分刻みのスケジュールでしたが、

いろいろな人とお話しできて良かったです。

 

むしろ、相当助けられました。

本当にありがとうございました。

 

f:id:yuito33:20180401200521j:plain

 

ハワイに帰ってくるのが

4月1日だったのですが、

おかげさまで新年度初日は

気持ち良いスタートが切れました。

 

ひさびさに機内で一気に、

年度計画を立てれました。

 

今回は、春休みにお世話になった方々に

個人的な感謝を書きたいと思います。

 

今度からは、写真でも載せますか。

 

f:id:yuito33:20180401200908j:plain

 

まずは、 先々週になりますが

集中治療の認定課程のみなさん

ありがとうございました。

 

帰国してすぐだったので

ガチガチの動きとおかしな日本語で、

アメリカ式の汚い発言ばかりで

大変大変、申し訳なかったです。

 

何より

一緒に切磋琢磨しているCNSと

コラボして講義できたことが

最高に幸せでしたし、

自分が勉強になりました。

 

f:id:yuito33:20180401203901j:plain

 

疫学から臨床の判断

診療報酬からキャリア開発まで

すごい幅広い内容で

もっと議論したかったです。

 

今の集中治療に対する思いは

後日改めて記事にしますので

期待してお待ち下さい。

 

感染認定看護師(の卵)や

キャリアアップを考えている看護師

NPまで関東から広く講義に来てもらい

看護の層の厚さを体感できました。

 

本当にいい人材が増えましたね。

 

f:id:yuito33:20180401205524j:plain

 

授業は欲張りすぎて、

英語論文から基礎疫学の計算まで

内容が難しいと言われましたが、

まだ10%しか本気を出していないので、

まだまだ、ついて来て下さい(笑)

 

とりあえず、認定過程修了、お疲れ様でした。

 

これからが「本番」です。

現場でのイノベーションを期待しています。

 

特に、これからは地方の時代です。

地方の現場でがんばっている

臨床の看護師をリスペクトしています。

 

偉そうな認定看護師になったら

ハワイから怒りに行きますので(笑)

 

f:id:yuito33:20180401205644j:plain

 

次に(ナゾの)

上級実践看護師の飲み会

ありがとうございました。

 

けっこう謎でしたね。

 

現在の日本看護のトップメンバーでしたが、

くだらない話しかしませんでしたねー。

 

それでいいと思います。

 

看護にもいろんな人材が増えてきて

そろそろ革命が起こせるんじゃないか

とリアルに日々、企んでいます。

 

ぜひ、あのメンバーで

定期的に集まりましょう。

 

帰り道に渋谷でガッツリ

職務質問されたのはここだけの話です。

 

自分で言うのも何ですが

看護師 兼 疫学者ですが、

どこからみても

六本木のキャッチにしか見えません(笑)

 

看護師です。白い粉は持ってません。

 

f:id:yuito33:20180401210030j:plain

 

また連絡をくれた

若手看護師もありがとうございました。

 

無理やり講義や飲み会に連れて行きましたが、

一流のレベルを体感してもらえたでしょうか。

 

若いうちは

自分の想像の超える看護師を見ると

自分との圧倒的な差に、

衝撃というか、否定というか

複雑な感情を抱くと思います。

 

ぼくもそうでした。

 

ケアプロの川添君なんて

あんまり歳が変わらないのに

コンビニや本屋で立ち読みしてた

ビジネス雑誌にバンバン取り上げられて

破壊的な衝撃を受けましたね。

 

この記事をみて

衝撃をうけることもあるでしょう。

 

ただ、その悔しさがバネになると思うし、

早めにトップレベルとの距離を知れると

そのギャップを埋めるための努力ができます。

 

f:id:yuito33:20180401210454j:plain

 

伝えたかったのは、

「圧倒的な位置にいる

 一流の看護師を

 早い段階で見ておくこと。」

 

それが自分のキャリアを考えるスタートです。

 

自分が無力に見えて悲しくなるけど、

一流を知れば、自分のゴールや目標が見えてきます。

 

ボクより世界で活躍している日本人看護師なんて

100人以上いますが、あまり表には出てきません。

 

ぜひ一流の人材に

勇気を出して連絡して会いに行って下さい。

 

みんな意外と喜んでくれます。

 

f:id:yuito33:20180401210950j:plain

 

勇気を出して連絡をくれた志を尊敬しますし

そういう人材は全力でサポートしていきます。

 

ぼくもそうやって育ててもらったので。

努力と行動あるのみです。応援しています。

 

f:id:yuito33:20180401213335j:plain

 

またまた某看護学校

ありがとうございました。

 

たかが5年、されど5年

結果が出て、ホッとしました。

 

もはや家族的な存在で

今回も実家よりも滞在日数が多かったです(笑)

 

f:id:yuito33:20180401220042j:plain

 

最近は、日本の学生に講義する機会が少なく、

若い人材と交流する貴重な場になっています。

 

看護師を目指して入学してくる

新入生の素直さには、毎回、本当に心洗われます。

 

いろいろと批判される准看護師制度ですが、

あえて准看護師の学生には全力で講義しています。

 

自分がこだわっている原点です。

 

f:id:yuito33:20180401221315j:plain

 

自分が変にアカデミックなったり

偉そうになったら、すぐに教えて下さい。

 

いつも温かく迎えてくれて

自分の本当の人柄や姿勢を

一番理解してくれていると信じています。

 

今回の結果も、

自分の成果ではなくて、

教員および事務の方々による

日々の努力の賜物です。

 

これからも一緒に

看護教育の理想を追求させて頂けると幸いです。

  

 

f:id:yuito33:20180401225006j:plain

 

次に循環器関係者の方々も

ありがとうございました。 

 

ひたすたにカテーテル

弁置換の話でしたね。

 

複数の会食を掛け持ちして、

おいしいものをたらふく頂きました。

 

寿司に鉄板焼き、懐石料理と

最低3kgは太りました(笑)

 

かわいがってもらえて

とても嬉しいです。

 

f:id:yuito33:20180401235114j:plain

 

後半はいい気持ちで

熱い疫学の議論ばっかりしていました。

 

日本のデータを英語で書きまくて

ヨーロッパをギャフンと言わせてやります。

 

日本酒片手に

熱い研究の思いを語れて

最高の時間でした。

 

f:id:yuito33:20180401222919j:plain

 

わざわざ東北から会いに来て頂いた

看護師の皆様もありがとうございました。

 

理不尽な看護管理に対して

現場の意見も聞けて、勉強になりました。

 

自分の中では、

地方における看護のカイゼン

地方の看護師のキャリアアップが

今後の数年のトピックになる予定です。

 

呼んで頂ければ、

全国どこでも気軽に講義しに行くので

具体的な場を作ってもらえると幸いです。

 

f:id:yuito33:20180402021326j:plain

 

某映像事業関係者の方々

収録授業を見に来てくださった皆さま

本当にありがとうございました。

 

関西からも会いに来てくれて

こちらの方がとても刺激をもらいました。

 

関西の方が看護が進んでいるので、

近いうちに観光かねて遊びに行きますね!

 

また講義に来てくれた若手看護師が

海外を意識しているのもうれしかったです。

 

映像事業の構想や

ITを使った看護業務の削減など

革新的な議論ができて興味深かったです。

 

やはりビジネスから

看護を変えた方が早いのかもしれませんね。

 

また、もっと多くの看護師が

ビジネスベースのMBAに進学してくれると

看護管理が劇的に変わると思います。

 

忙しくてあまり滞在できずにすいません。

また今月か来月に、ゆっくり議論しましょう!

 

f:id:yuito33:20180402024001j:plain

 

ということで 

無事に、初心を取り戻しました。

 

良かった。良かった。

本当に助けられました。

 

分厚いパスポートも残りの有効期限が1年となり、

数日前にホノルル領事館で更新申請してきました。

 

アフリカに行くときに更新したので、

看護師として海外に行くようになって、

ちょうど10周年なので感慨深いです。

 

祝10周年ですかね。

 

f:id:yuito33:20180402031222j:plain

 

今年で34歳になりますが、

看護師や疫学者として多くの国で仕事をもらい

今はハワイで研究に専念できる環境があり

またサーフィンを極める環境があり

ここまで来れたことに、本当に感謝です。

 

日本にある自分の会社の決算が

今回も無事に終わり、

いい飛行機に乗せてもらっているのも

本当に多くの人のサポートがあるからです。

 

いいホテルに泊まれるのが普通になり

また良い飛行機でも感動しなくなり、

そんな自分に自己嫌悪していました。

 

10周年、もう一度

ゼロからスタートしたいと思います。

 

初心を忘れず、感謝を伝えて

自分の理想を追求します。

 

f:id:yuito33:20180402034214j:plain

 

何回も言っていますが、

若手看護師に伝えたいのは、

ちゃんと看護をやっていれば

世界に飛び出て、ここまで来れるということです。

 

ぼくは千葉の小さな街出身で

親は普通のサラリーマンの家庭ですが、

看護の可能性を信じて、

全力でやってきたからこそ

ハワイと日本で仕事できています。

 

看護をやっていなかったら

または適当に看護やっていたら

ハワイに住めなかったと思うし、

毎月日本に帰って仕事なんて

到底できなかったと思います。

 

現場はつらいことも多いですが、

ぜひ夢をもって、夢を見失わずに

全力で生きてほしいと思っています。

 

f:id:yuito33:20180402034501j:plain

  

ぼくは日本の看護の未来には

とても楽観的で、絶対変わると信じています。

 

上級実践看護師も増えてきたので、

そろそろ"Unite" ひとつになって

日本の看護と医療を変えていきましょう。

 

初心に戻るという意味で

今年は挑戦者として

ハングリー精神を取り戻して

日本の看護に仕掛けたいと思います。

 

最近切れ味がなかったですね。

いろいろ忘れていました。

 

まずは、お待たせしていた

映像授業を編集していますので、

近々アップしていきます。

 

仕事も忙しいので、少しづつですが、

「学生用の授業」

「上級実践看護師向けの講義」

の2軸で展開していく予定であり、

スマホで気軽に無料で見れる内容です。

 

自分の人脈も最大限に利用して、

日本看護のトップランナー

大御所まで講義してもらいましょう。

 

自分が聞きたい講義をプロデュースするし、

地方の看護師が学べるシステムを作りたいです。

 

さらに対面式の講義としては、

自分が現在ハワイ大学

臨床医師向けにやっている

臨床疫学の講義を日本に逆輸入します。

 

実はハワイでも3ヶ月待ちの

超人気講座で、上級実践看護師向けです。

 

聖路加のMPHの疫学補講と同じ内容です。

 

夏前に日本でも始めたいと思いますので、

英語論文や臨床疫学に興味ある方に

参加して頂けるとうれしいです。

 

また一緒に切磋琢磨しているCNSと

上級実践看護師の継続教育や

地方の看護師のキャリア開発講座も

現在つめている状況なので、

来て欲しい地域があれば教えて下さい。

 

地方の看護を全力でサポートします。

 

f:id:yuito33:20180401085135j:plain

 

すげー長いですが、最後にひとつ。

 

最近、友人からTwitter上で

自分の批判が多く書かれていると聞いています。

 

自分の想像を超えるものを見ると

批判したくなる気持ちもわかります。

 

批判、大歓迎です。

批判は必要だし、力になります。

 

自由に批判していただいて、

そして早く自分を超えてほしいと思います。

 

そして本当の意味で、

ぼくを批判したいのなら、

同じフィールドに立ってから

元気よく批判して下さい。

 

"Which League are you playing in?"

「自分がどのリーグで戦っているか知ってる?」

 

僕は今、世界リーグ

ワールドカップで戦っています。 

 

それは日本の臨床現場、

アフリカ、講師業、起業で

それぞれトロフィーをとって

このリーグに這い上がって来たからです。

 

挑戦はいつでも受けて立つので、

まずは日本のトロフィーを

複数とってきてから

同じ世界リーグに入ってから

批判の連絡をしてきて下さい。

 

同じリーグにいないのに

批判されても、まったくFeelしません。

 

まずはアフリカで蚊帳の中で寝て、

生きるお金を稼ぐために道端で

ハイネケンを売るところからだね。

 

そう、10年前の自分です。

 

f:id:yuito33:20180401085228j:plain

 

ということで

無事に元に戻りました。

 

「初心忘れるべからず」

 

関係者各位、

本当にありがとうございました。

 

最近はうれしいことに

ハワイに旅行に来たついでに

連絡くれる看護師や学生もいて、

時間があえば職場を案内しながら

いろいろ議論させてもらっています。

 

現場や学生の感性は

本当に的確で時代を反映していると思います。

 

また数週間後には東京に戻りますので、

気になる方は、気軽に連絡頂けると幸いです。

 

一緒に六本木で職質されましょう(笑)

 

今年度は

いろいろ攻めていきます。

 

攻めすぎて、大ゴケしても後輩たちが

全力で助けてくれるので大丈夫です!

 

後輩諸君、そこよろしくねー。

 

f:id:yuito33:20120411173602j:plain