読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEW NURSING

世界で活躍する疫学者が日本の医療について議論する記事です。

NEXT Health Care

次世代の医療へ

CIA NURSE

今日は学生への授業中によく使う

看護の小ネタを少し提供します。


世界で仕事していると


・空港の検疫

UNICEF

・開発銀行系

・コンサル

・保健省官僚

・小学校

・大使館


いろんなところで看護師を見かけて、

「こんなところにも看護師!」

という驚くべき状況に遭遇して、

お互いに超仲良くなり、いろいろ議論しています。


f:id:yuito33:20130912101614j:image


日本では病院で働く看護師のイメージがほとんどですが、

世界的には病院以外の「地域で働いてる看護師」が非常に多く

健康を専門とする「数の一番多い」専門職として

住民からの信頼は医師よりも厚い現状です。


アフリカでは保健省大臣(日本でいう厚生労働大臣)に

看護師を置いてHIV管理で大成功をおさめている国もあるし、

シリコンバレーでは看護師がヘルスケアベンチャーを立ち上げて

看護起業における戦国時代の到来を招いています。

(負ける気しないけどね。)


f:id:yuito33:20130912172433j:image


紛争地におけるプロジェクトでは

開始初日にそれぞれの専門チームリーダーが

(軍事、衛生、統計、情報、疫学、臨床、ロジなど)

8-10人くらい初対面で集合して、

今回の目的と方法についてブリーフィング(会議)を行います。


どういう方法で安全に調査を行うのかを確認し、

それぞれ危惧していることや連携についてバンバン発言します。


その中で情報担当が参考人として召喚する

「明らかに現地情報に詳しすぎる現地人看護師」が登場して、

現地のリアルな情報について共有するパターンがあります。


イムリーな情報、完璧なプレゼン、

ほとんどのチームリーダーが唸るレベルの情報です。


f:id:yuito33:20130912121820j:image


ブリーフィングの休憩時間に

「お前は本当はいったい何者なんだい?」

と自分が笑いながら聞くと

「私はただの現地で働く看護師よ。」

と普通に返してきます。


「どうしたら、そんなに情報が得れるのか?」

「どうしたら、そんなに英語がうまいのか?」

「どうしたら、そんなにプレゼンが的を得ているのか?」


どう考えても、

特殊なトレーニングを受けたからでしょう(笑)


明らかにただ者ではなく、

怪しい臭いがプンプン臭ってきます。


本人は否定しますが、その人は業界で有名な

「CIAに雇われてスパイとして働く看護師 = CIA NURSE」

に他ならないのです。


これ、マジです。


CIA NURSEという仕事もあるのです。

看護の仕事の可能性は「無限大」ですね。


f:id:yuito33:20130912175154j:image


ちなみに、アラブの巻物を頭に巻いて、

真っ黒でヒゲモジャで小汚い自分も

「実はおれも看護師なんだよね。」

と言うと

「まさか、ウソつかないでよ。」

と簡単に流されます。おい!!


「日本人」と「看護師」には

到底見えないのが寂しいところです。


では、「CIA NURSE」がいるのは

本当の話なのでしょうか?


f:id:yuito33:20130916142913j:image


実はアメリカでは、非常に有名な話として知られており、

未だに大きな問題となっているのも事実なんです。


話は、2001年9月11日の同時多発テロまでさかのぼります。


ご存知の通り、この後アメリカはアルカイダのトップである

ビンラディン」を最重要人物として指名手配します。


ビンラディンもプロであり、かなり潜伏がうまく、

パキスタン近辺にいるとの有力な情報があるものの

10年近く経っても足取りがつかめない状況が続きます。


f:id:yuito33:20140418155235p:image


しかし、その状況は

ひとりのCIA女性捜査官の執念によって打破され、

さまざまな情報の結果、ビンラディンが潜んでいる

大きな豪邸をついに住宅街の中に見つけることができたのです。


ただ完全にガードされており、いくら上空から観察しても

ビンラディンの姿は捉えられずに、ビンラディンの息子と

通信役の下っ端がたまに見える程度で

なかなかビンラディン本人がいる確信が持てません。


f:id:yuito33:20140418155236p:image


突入しようにもアフガニスタンではなくパキスタン領土なので、

確実な証拠がない限りは他国の領地を襲撃することはできません。


そこで、あらゆる仕掛けでこの家を捜索していきます。

あまりにも長いので省略しますが、下水の便まで調べたらしいです。


f:id:yuito33:20140418155237p:image


そこで困ったCIAがついに

「CIA NURSE」

を使った作戦を展開していきます。


まずは、この住宅街に時間をかけて、

「偽の予防接種キャンペーン」を展開していきます。


ビンラディンが住む住宅街の小児に関して予防接種を行えば、

自動的にビンラディンの孫も予防接種を受けたいと思い、

家に看護師を入れて、予防接種を受けさせてくれる戦略だったのです。


もちろん、CIAでトレーニングされたスパイ看護師なので、

注射の隙に、ビンラディンの孫のDNA組織を採取して、

CIAに持ち帰ってビンラディンのものと照合して

潜伏の信頼性を少しでも高めようと考えたのです。


「看護師はとても住民に信頼されている」

ということを利用した作戦でした。


f:id:yuito33:20140418155238p:image


文献としてもいろいろな本で

この状況が描かれています。


このビンラディン襲撃を映像化した

有名な映画があるので、TSUTAYAやGEOで

是非DVDを借りて見て下さい。


一瞬だけ、このCIA NURSE作戦が

映像として出てきます。


普通に映画としても最高におもしろいです。

なんせノンフィクションですからね。



ぼくたちがどういう環境で

仕事しているかもイメージしやすいと思います。


アメリカで、このCIA NURSE作戦が

有名になった本はこちらです。


引き込まれて一気に読んでしまいました。

洋書で日本語訳はないみたいです。


Manhunt: From 9/11 to Abbottabad - the Ten-Year Search for Osama bin Laden

Manhunt: From 9/11 to Abbottabad - the Ten-Year Search for Osama bin Laden


ぼくはマニアなので、

気になる事象があると、様々な方向から検証するために

同じ事象を異なる視点から描いた本を

複数読んで、できるだけ客観視する指向性があります。


このビンラディン襲撃も別の視点から検証したいので、

この実際に襲撃に関わった兵士が書いた洋書も読みました。


ぼくはこの本の方が大好きで、

ビンラディンを襲撃した世界最強の特殊部隊員が

実際のその経験を書いたものです。


f:id:yuito33:20140418155239p:image


DEVGRU(SEALs Team SIX)の訓練や思考法が手に取るようにわかり、

ビンラディン襲撃に特殊な犬を連れて行ったり、

その際に最新のステルスヘリが墜落してしまったことも

詳細に書いており、極秘の内容公開に最高にしびれました。


アメリカでも売れに売れていました。

これも日本語訳ないです。


個人的には、本はこっちがオススメです。


No Easy Day: The Firsthand Account of the Mission That Killed Osama Bin Laden

No Easy Day: The Firsthand Account of the Mission That Killed Osama Bin Laden


ちなみにミリタリーベース(基地)で

普通に犬を見かけるようになり、

特殊部隊は「犬」を使って、行動しています。


世界は市民が知らぬ間に変わり、

そんなことが普通に行われている世界になっていたんです。


f:id:yuito33:20140418155240p:image



で、作戦はどういう結果だったのか?

それはDVDで見て下さい(笑)


実は、CIA NURSEが予防接種を打とうと用意している際に

ビンラディンの息子が出てきて、「ダメだ。帰れ。」と言い、

結局、DNAサンプルは採取できずに失敗に終わります。


作戦自体は失敗に終わりますが、

敷地内に入れた数少ない機会であり、

襲撃に関してかなりの情報を得たと言われています。


CIA NURSEの成果ですね。


パキスタン人看護師を複数リクルートして、

かなりのトレーニングしたと思われるし、

CIAには看護師スパイ教育担当の看護師がいると

ぼくは確信しています。


どんなトレーニングを受けているのか気になりますね(笑)


看護師が「スパイ」って、CIAさすがの発想です。


その後、確信が得られないまま、オバマ大統領の判断で

" Operation Neptune Spear "(海神の槍作戦)が行われ、

特殊部隊が秘密裏にパキスタン領土に侵入して、その家を襲撃して

" Geronimo "(ビンラディンのコードネーム)を殺害して、

死体を回収して、911のひと区切りになったと言われています。


これで概要をどうぞ。

ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害 - Wikipedia


ぜひ、週末は最高のノンフィクション映画

" Zero Dark Thirty "をお楽しみ下さい!



f:id:yuito33:20130917080901j:image


実は、話には続きがあります。


アメリカ軍の強襲が行われ、

ビンラディンが殺害された後に、

このCIA NURSEによる予防接種が

CIAによる作戦だということが広まり、

この住民は基本的な医療に対して、

大きな不安を頂くことになったのです。


つまり、すべての看護師が

CIAスパイに見えるようになってしまったのです。


従って、住民は信頼できないので

病院にも行かないし、予防接種も受けない、

という悲惨な状況になり、

ポリオが劇的に流行して

去年は多くの小児の命を奪ってしまったのです。


これにはWHOも激怒して、

一時期WHOのHPにこの悲惨な状況を

CIAへの当てつけとばかりに大きく掲載していました。


今はNGOなどが協力して介入していますが、

未だに住民の拒否反応が強く、状況は打破されていません。


WHO EMRO | Pakistan | Countries


やはり、住民から信頼される看護師を

スパイとして利用してしまった代償は

あまりにも大きすぎたと言えるでしょう。


ぼくの友人のパキスタン人看護師は

未だに激怒しています。


アメリカも責任を感じて、資金を出しているので、

早く状況が改善することを心から祈っています。


f:id:yuito33:20130917135830j:image


いかがでしたでしょうか?


世界ではすごいことが起こっており、

こんな小ネタたくさん持っています(笑)


病院勤務に飽きた看護師みなさん、

CIAに転職なんていかがでしょうか?


世界には、かなりのCIA NURSEがいると言われています。


あなたの周りにいる先輩看護師や友人看護師も

もしかしたらCIA NURSEかもしれませんよ!?


よく思い出して下さい。


あの人は、やたら休暇に海外に行ったり、

いつもPCイジったりしていませんか?(笑)


本当に気をつけて下さい。

CIA NURSEには。


世界は市民が知らぬ間に変わり、

そんなことが普通に行われている世界になっているんですから。


f:id:yuito33:20120411173602j:image