NEW NURSING

世界で活躍する疫学者が日本の医療について議論する記事です。

NEXT Health Care

次世代の医療へ

外人入院1

最近よく聞く会話です。


「最近、病棟に外人が入院してきてさ。

 言葉通じなくて、本当に困ったんだよね。」

「マジ?うちも最近、

 外来によく来るんだよね。外人。」


2012年末の法務省のデータによると、

現在日本には200万人以上の外国人が住んでいます。


これは日本人口の約1.5%にあたる数であり、

200人に3人は外国人ということであり、

予想以上に外国人が多いという事実がわかります。


法務省HP:在留外国人統計

法務省:【在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表】


f:id:yuito33:20130722183921j:image


出身国別にみてみると

アジア人が約160万人で約80%を占めており、


1位 中国人 65万人

2位 韓国人 53万人

3位 フィリピン人 20万人

4位 ブラジル人 19万人


他5万人を超える国

ベトナム

・アメリカ

・ペルー


という順になっています。


年代としては20-30代の若者が多く、

場所は首都圏や大阪、名古屋、福岡など

大都市に多い傾向にあります。


市町村が主体である国民健康保険には

簡単な条件をみたせば、

在留外国人も加入することも可能であり、

外国人観光客の増加に伴い

日本の医療にアクセスする外人が

今後増加することは間違えないでしょう。


個人的には、

救急外来ではよく外人を見かけますし、

知り合いの大使館員から

病院受診の相談を受けることも多くなっています。


ということで、今回は

「外国人が入院または外来に来たら

 どのような特殊なケアプランを必要なのか?」

についてお話したいと思います。


f:id:yuito33:20130713165847j:image


外人が入院もしくは外来にアクセスしてきたら

PRADA」というフレームワーク(思考の要点)を

思い出してみて下さい。


これは外国人に特有の5つのケアプラン要点を


P = Pain & Privacy(痛みとプライバシー)

R = Religion(宗教)

A = Anxiety(不安)

D = Drug dose(薬剤量)

A = After care(ケア後)


と覚えやすいように「PRADA」とまとめています。


外国人ケアプラン「PRADA」として

いつも病院のレクチャーでも教えています。


某ブランドとは全く関係ありませんが、

外資系=外国人と覚えやすいようPRADAとしました。


f:id:yuito33:20130713182740j:image


1) Pain & Privacy


一番理解してほしいのが

痛みとプライバシーの概念が

全く違うということです。


日本人からすれば、外国人は痛みに弱く

声をあげてうなることが多い印象があります。


しかし、これは逆で

日本人が世界一我慢強いだけなのです。


日系アメリカ人のケアプラン本には、

日本人は痛みを我慢することが「美」だから

痛み止めを使いすぎてはダメだと書いてあります(笑)


従って、外国人には

早めに強い鎮痛剤を使用することが必要であり、

たとえ軽症でも即効性の強い鎮痛作用を期待して、

はじめから静脈注射で準麻薬を使うことも多いです。


外国人の場合、痛みを取らないとうめきまくり、

問診も検査もできない状況が続いてしまいます。


ドレーンが入っているだけで、

痛いと不穏になった症例もいました。


入院した際には、

ペインスケールを継続的に使用して、

(0 to 10 point scaleをいつも使っています)

鎮痛薬がどれくらい作用しているかを

痛みをアセスメントしていくことが

一番大切なケアプランとなります。


f:id:yuito33:20130715084449j:image


またプライバシーの概念も

日本人と大きく異なることに

注意しなければなりません。


先日、AMIで入院した某国上級大使館員が、

PCI後に「清拭」と「陰部洗浄」をされて

「人生最大の屈辱だった。」

と嘆きの電話をかけてきました。


日本では普通のケアが

外国ではありえない状況になることに

気づかないといけません。


清拭と陰部洗浄は日本独自の文化なので、

(これも毎日行う必要はないと思いますが。)

外国人本人と相談した上で、

本人が希望すれば行うのが現実的でしょう。


個人的には

外国人クライエントが入院した際には、


清拭 → 基本シャワーでダメならベッドバス

     数日で離床できるなら部分清拭のみ

陰洗 → トイレで自分で行ってもらう

     家族や同性看護師に行ってもらう


というケア調整を病棟看護師と行っています。


特に一部の国では、

妻や夫以外の異性が体幹に触ると

宗教上の罪になることもあり得るので、

早めに清潔ケアの話をして、

本人と家族の同意ないしケア調整をしてみて下さい。


UBC(膀胱留置カテーテル)が入っている場合には、

「消毒」という名目で陰部洗浄すると

本人も受け入れしやすくなります。


また座薬もとても嫌がることも多く、

入院は普通、個室でしょうと言う外国人もいますので、

文化の違いに注意しましょう。


文化の違いを認識する最良の方法は、

ひたすらコミュニケーションすることです。


<まとめ>

・外人には早めに強い痛み止めを使う

・ペインスケールで継続的に評価する

・清拭と陰洗は事前に相談しよう

・座薬や大部屋も嫌がることもある


f:id:yuito33:20130712233418j:image


2) Religion


日本でもいろいろな宗教がありますが

宗教を意識してケアしている看護師は

まだ少ない印象があります。


外国人は基本的に宗教があり、

生活や医療への影響は大きなものがあります。


治療やケア前に、宗教を軸に

DON'T(してはいけないこと)を

聞いて確認しておくことが大切です。


特に手術や輸血のトラブルが多く、

彼らの民間療法を否定するのもいけません。


例えば、

イスラム教徒(ムスリム)が入院する際には、

治療方針やケアプランの相談だけでなく、

豚抜きでハラル認証(イスラム認定)の食事の提供や

民間療法であるオイルマッサージの使用、

祈りの場所や時間までコーディネートして、

プロフェッショナルとしてケア提供しています。


敬虔なクリスチャンでは、

知り合いの牧師に面会してもらったり、

聖書を枕元に置いてくれと言う人もいます。


インド人はベジタリアンが多かったり、

モルモン教徒はカフェイン禁止だったり、

この手の話にはキリがありません。


宗教と習慣を聞いて、

そのつどインターネットなどで

調べる方法が良いと思います。


f:id:yuito33:20130713191745j:image


宗教的タブーを犯してしまうと

取り返しのつかないことになってしまうので、

なんでも気軽に本人に聞くことが大切です。


ムスリムの中には

いのちより宗教的規律の方が大切な人もいます。


テクニックとしては、

ただ聞きまくると一方的になるので、


「日本ではこういう価値観のもとに

 こういうケアをしているけど、

 おたくの国ではどうなの?」


とただの質問ではなく

文化の違いの会話にしてあげると

本人も自分の文化を話せる幸せと

日本文化を学ぶところが多く、

自然といろいろ話してくれます。


病院ほど文化が反映される場所もないですよね。


普段はあまり意識しませんが、

人間は誰しも国や地域、個人の文化の中で生きています。


医療という個別性=文化が無視される環境で、

この文化をいかに医療に取り入れるかが

プロフェッショナルとしての看護であり、

人々の尊厳を支え、QOL向上させる

一番の戦略になると考えています。


外国人をケアすれば、

否応なしに文化の差異に気づいて、

普段の日本人に対するケアでも

細かな文化や個別性を

大切にするようになったという

興味深いフィードバックもありました。


個人的にも外国人を受け入れると

病院全体のケアの質が向上すると思っています。

(現在STUDYを組もうと計画中です。)


でも本当は日本人でも

しっかりと宗教と習慣を聞いて、

個別的なケアを提供してほしいと思っています。


<まとめ>

・宗教と習慣が治療やケアに大きな影響を与える

・外人には必ず宗教を聞こう

・特に治療と輸血、食事に注意しよう

・わからないことは本人に聞く


次回に続く。


f:id:yuito33:20120411173602j:image