NEW NURSING

世界で活躍する疫学者が日本の医療について議論する記事です。

NEXT Health Care

次世代の医療へ

日本看護

無事に日本に帰って来ました。


東京独特の暑さに閉口し、

七夕の文化に感動を覚えています。


f:id:yuito33:20130704235451j:image


海外で世界と戦えば戦うほど、

「日本」という自分の国を

自問自答する機会が自然と増えてきます。


夜の3時間しか電気が使えない島で

ボロボロになった英語の教科書を持って、

自分に看護の最先端について必死に聞いてくる

診療所看護師の誠意に感動して帰国すると、


電車の中で酔ったサラリーマンが上司の愚痴を言い、

マスコミがフィギアスケート選手に人権侵害している

この国「日本」に大きなショックを受けるとともに

自分の国と世界の遠さに驚愕しています。


ただ、やっぱり自分自身が

「日本人看護師」であるからこそ、

世界から様々な仕事が来る事もまた事実であり、

日本という自分の国を誇りに思っています。


f:id:yuito33:20130704190039j:image


人前に出るのは好きではない性格ですが、

今回、世界で仕事する中でどうしても伝えたい

「世界から求められている日本看護の役割」

という記事を医学書院さまの協力のもと

週刊医学界新聞に寄稿させて頂きました。


「日本の看護はもっと世界のいのちを救える。」


純粋にそう信じています。

ぜひ読んで、感想・意見を頂けると幸いです。


医学書院HP

医学書院/週刊医学界新聞(第3032号 2013年06月24日)


こんな異端をしっかりと見守って、

最高の記事にさせて頂いた医学書院さまに

心より感謝申し上げます。


f:id:yuito33:20130608133302j:image


現在の看護リーダー層に世界への視座を提供し、

若手看護師に世界で世界に貢献するという志を

提供することを目的として書いています。


ぼくはただ純粋に

先代たちが創りあげてきた

「日本看護の価値」を信じています。


日本人看護師であることが

世界でどれだけの価値を持つのかを再認識し、

その使命の重さと役割を知ってほしいのです。


誰がなんと言おうと、

偉そうにしている権威やシステムよりも

「現場で必死になって働いている看護職」こそが

人々の命を救い、世界を変えているんだという事実に気づき、

自分自身の役割に誇りを持ってほしいのです。


ぼくたちの使命は、

「ひとりでも多くの命を救うこと」であり、

そのために、ぼくたちは今を生きています。


f:id:yuito33:20130701182259j:image


生きづらい世界だけど、

この世界には嫌なことはたくさんあるけど、

この世界はきっと、

ぼくらが思っている以上にキレイなのかもしれない。


今回の旅が、そう教えてくれました。


明日が昨日よりも良くなると信じて、

今日もまた看護とともに生きています。



WE ARE CHANGING THE WORLD.

f:id:yuito33:20120411173602j:image