読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEW NURSING

世界で活躍する疫学者が日本の医療について議論する記事です。

NEXT Health Care

次世代の医療へ

ポストモダン2

そして、ソ連の解体後

冷戦の終焉によって、世界は大きな変化を強要されるのです。


2)歴史の終焉


冷戦において、

自己の正当性を「歴史=エビデンス」をいう形で

担保していた両国が、

ソ連の崩壊によって、冷戦が突然終焉を迎え、

ソ連のみならず、アメリカも路頭に迷ってしまうのです。


それは、冷戦の終焉によって、

アメリカはソ連という相手がいなくなり、

もはや自己の正当性を「歴史=エビデンス」という形で、

証明する必要がなくなり、

エビデンスをもとに歴史を記述する。

という価値までも崩壊してしまったからです。


f:id:yuito33:20120731185420j:image


もちろん、アメリカの提示する歴史は

客観性を装った恣意であり、

偽物のエビデンスは戦う相手を失った今、

ただ自分の無意味さをさらけだすだけ

となってしまったのです。


つまり、

恣意的に事実やエビデンスを並べても、

何も生まれない時代になってしまったのです。


これがフランシス・フクヤマの言う

冷戦の終焉による「歴史の終焉」です。



歴史の終わり〈下〉

歴史の終わり〈下〉


そして、ここが

「近代=モダン」の終焉でもあり、

「現在=ポストモダン」の始まりとなります。


では、

歴史が終焉し、自分の生存根拠を失った今、

人々は何を頼りに生き、

どう自分の生存証明をすれば良いのでしょうか?


ここで世界の価値が大きく逆方向に振れます。

そうです、

「主体的な語り=ナラティブ」

という概念が意味の担い手となります。


歴史が終焉した今、

相手に対してエビデンスを示すのでなく、

自分の生を自分自身で物語ることで、

自らの生存証明とするという時代が到来したのです。


f:id:yuito33:20120722173634j:image


3)ナラティブ


ここで、学問としての看護も

様々な因子から急浮上していきます。


冷戦中に医学モデルを強要され、

エビデンスや量的研究だけでは看護を記述できないと

その違和感を感じていた看護研究者たちが、

当時注目されていたターミナルケアから

# 質的研究の妥当性

# 主体的な価値

# ナラティブという方法

という現在の重要な研究方法の基礎をつかみかけていたのです。


ここで歴史の終焉を迎え、

また世界が物語を求め、

時代が新たな看護概念を後押しして、

「質的研究」と「物語=ナラティブ」

という価値が確立され市民権を得ていきます。


時代と看護がシンクロした瞬間です。


そして、トマス・クーンのいう

パラダイム転換」が劇的に起こった瞬間でした。


f:id:yuito33:20120914161817j:image


欧米では90年代前半の出来事ですが、

日本では00年前頃から広まり、

YUITOが学生時代もこの頃であり、

均一化された日本人集団にありがちな

「質的研究とナラティブ」をしない者は

新しい看護研究者にあらずといった雰囲気があり、

強い違和感を感じた事を覚えています。


f:id:yuito33:20120812182750j:image


4)大きな物語から小さな物語へ


また別の視点でこの変化を捉えると

大きな物語から小さな物語へ」

ということもできます。


冷戦前や冷戦中は、

政治思想や国家という大きなシステムが

人々をコントロールして、幸せを決定していました。


日本でいう高度経済成長のイメージで、

国家の繁栄が市民の幸せであり、

テレビや冷蔵庫を買うという

「市民みなが同じ幸せの価値」

を追っていた時代であり、

システムが物語を決め、

市民みなが同じ物語を共有しているので、

大きな物語の時代」と言います。


ジョン・オーウェンの1984における

ビックブラザーであり、

医師が医療や健康を決める時代でした。


一九八四年 ハヤカワepi文庫

一九八四年 ハヤカワepi文庫


しかし、冷静の崩壊によって

政治的思想や国家の概念が薄れ、

市民みなが同じ幸せの価値を目指すのではなく、

ナラティブの概念に従い、

「市民がそれぞれ

 自分で自分の幸せや物語を決めて、

 それぞれが自由にそれを目指す時代」

になったのです。


f:id:yuito33:20120819175848j:image


それぞれの人がそれぞれの価値で、

自分で「自分の人生=物語」を決め、

多様性が生まれたという意味で

「小さな物語の時代」と言います。


物語は大きなひとつの綱から

多様で細かく絡み合う絹糸となったのです。


小さな個人の物語の集合の時代である

ポストモダン」到来したのです。


村上春樹1Q84のリトルピーポーであり、

市民や看護師が医療や健康を決める

多極化した時代となりました。


1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 1


1Q84 BOOK 2

1Q84 BOOK 2


1Q84 BOOK 3

1Q84 BOOK 3


ポストモダン(現代)をまとめると


冷戦の終焉 = 物語

      = 主観性

      = ナラティブ

      = 質的研究の確立

      = 小さな物語

      = 価値の多様性


という構造になります。


この流れの詳細が書かれた

ポストモダンを捉える機転となる

先鋭社会学者の本であり、

一読をおすすめします。


ゼロ年代の想像力 (ハヤカワ文庫 JA ウ 3-1)

ゼロ年代の想像力 (ハヤカワ文庫 JA ウ 3-1)


では、

このポストモダンが孕む危険性は一体何であり、

現代への示唆は何なのでしょうか?


NURSING = BRAIN

f:id:yuito33:20121110224939p:image