NEW NURSING

世界で活躍する疫学者が日本の医療について議論する記事です。

NEXT Health Care

次世代の医療へ

日本再考

本当におひさしぶりです。

いつも適当な更新で申し訳ありません(笑)。


適当な自分とは逆に、

このブログが知らぬ間に大きくなり、

また議論のきっかけとなっており、

自分の責任を痛感するとともに、

みなさまには本当に感謝しております。


また記述を再会し、思うところを書き、

みなさまと様々な議論ができたら幸いです。


さて、私YUITO自身は、

震災と自分の家族の問題があり、

春から東京に拠点を戻して、

アフリカと中東に加え、国内で

あいかわらず自由に活動しております。


夏には国内怒濤の東日本巡りを行い、

数日前にアフリカ調査を終え、

やっと落ち着いて来た現在です。


f:id:yuito33:20121013122432j:image:w640


国際保健と国際看護の専門家として、

いろいろな国に貢献してきたものの、

震災以後に母国である日本に対して、

自分があまり貢献していなかった事に気づかされ、

メンターの助言のもと、

今は東北を中心に据えて活動しています。


東北をまわればまわるほど、

自分のルーツとしての日本と

また日本の看護について再考することを余儀なくされ、

様々なことが本当に心にしみてきて、

何より、ひとりの人間として学ぶことが多いです。


f:id:yuito33:20120915181324j:image:w640


少し抽象的ですが、

今回は自分の根底にある

2つの価値を書きたいと思います。


それは

「日本の看護は世界的に本当に素晴らしいということ。」

「本当に賞賛されるべきは、

 現場で日々一生懸命働いている看護師であるということ。」

です。


もし、今悩んでいる看護師がいたとしたら、

たとえ誰がなんと批判しようと、


「あなたのやっていることは正しいし、

 本当に世の中に貢献していると思う。」


そして、


「あなたの今思っている問題は、

 必ず次世代の看護を創るきっかけになる。」


と声をかけられるべきだと思うのです。


f:id:yuito33:20121013120541j:image:w640


日本の看護師が提供しているケアは、

明らかに世界でトップクラスです。


標準化されたケア、思いやりの心、

忙しく一生懸命働くその姿。


問題はあなたではなく、

このいびつで老朽化した看護システムなのです。

そこには、莫大なシステムエラーがあります。


この忌まわしいシステムが、

患者さんと看護師を苦しめているのです。


新しいことをやると強く批判され、

キャリアップも閉鎖的で、

医療の本質よりも免許と役職が優先される世界。


そして、残念なことに同業者であるはずの古い看護師が、

またそのシステムを固持しつづけているのも事実です。


ここに大きな亀裂と歪みがあります。

自分自身もかつてこれで苦しみ、

世界へ飛び出たひとりです。


ただし

世界的な意見と称して、

ただただ日本の看護を批判する人には、

本当にうんざりしてきました。


確かに世界からの批判は大切です。


しかし今必要なのは、


「あっちの国では、こう看護が進んでいる。

 日本の看護は、本当に終わっている。」


という単純で傍観的な批判ではなく、


「日本の看護が良くなるためには、

 今世界にある多面的な視点と

 日本に固有の資源を組み合わせて、

 このシステムをどうre-designすれば良いのか。」


という建設的な問いなんだと思います。


そして、今システムの中で苦しみつつも

一生懸命働いている看護師こそ、

もっとも賞賛されるべきなんだと思う。


f:id:yuito33:20120930150904j:image:w640


この夏には本当に尊敬すべき人間に

巡りあうことができました。


被災地で仮説住宅からこどもを送りだした後に、

元気よく出勤してICUを守り抜くベテランナース。

もちろん、夫は震災で亡くなっている。


福島の老人ホームで医師のいない中、

急変に的確な対応をするクールな中堅看護師。

もちろん、ここは準放射線汚染区域で

半径10kmに看護師は2人だけ。


YUITOの放射線調査に、

「それも僕の仕事ですから。」と

放射線被爆を顧みずに、

2つ返事で一緒に動向してくれる看護大学院生。

涙を流しながら、

汚染区域である地元を車で案内してくれる。


それぞれが本当の意味で輝いていて、

人生をかけて使命として看護を提供している

魅力的な人間であり看護師です。


f:id:yuito33:20121013175227j:image:w640


システムの理不尽さにいらだちながらも、

先の見えない中に、疲れた体で、

今日もせっせと仕事にいくあなたが

本当に賞賛されるべき存在なのです。


そして、それは世界トップレベルなのです。

この数ヶ月で本当にそのことを再確認しました。


このことを言語化したかったと同時に、

新たなシステムについての議論を

本当に現場の人と一緒にできたらと思います。


自分自身もまだまだ先が見えないですが、

世界はひとつずつ変えることができるし、

日本から看護を変えて、

看護で世界を変えていけたらと思います。


その主役はぼくではなく、

今現場にいるあなたです。


またゆっくり書いてきますので、

意見を聞かせて頂けたら幸いです。


f:id:yuito33:20121013175226j:image:w640


GO FORWARD!!

f:id:yuito33:20120411173602j:image:w640