読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEW NURSING

世界で活躍する疫学者が日本の医療について議論する記事です。

NEXT Health Care

次世代の医療へ

アメリカ看護

昔は「アメリカ看護」が非常に流行りましたが、

最近はアメリカ経済がだいぶ厳しくなり、

特にアメリカ人以外の看護師の解雇が多くなり、

友人もどんどん日本に帰ってきています。


アメリカは医療も研究も経済に大きく左右され、

今は看護師としてアメリカで働くビザも降りない状況で、

名門校でも研究費獲得がかなり厳しいとのことで、

メールの内容もみな暗いカンジになっています。


日本はまだまだですが、

少しはアメリカに追いつきつつあり、

今後看護全体として、さらにアメリカに追随するのか、

それとも日本独自のものを出して行くのか、

看護全体の今後の大きなビジョンを示す必要があると思います。


さて、YUITO の専門は中東・アフリカですが、

アメリカに看護留学したいという人が多いので、

その際は、いつもこの本をプレゼントしています。


日本人から見たアメリカの看護師の実情と

アメリカ看護師免許の取り方が具体的に書いてあります。


この本に勝る「アメリカ看護」入門書はないでしょう!

アメリカ看護に興味がある方、

アメリカ看護師免許を取りたい方は必読です!


アメリカ看護の専門性が理解でき、

日々の仕事のやる気が湧き出てきます。


また、ものすごい読みやすく、

夜勤中の休憩時間にサクっと読めます。



個人的にも10冊以上は人にあげています(笑)。


主にアメリカ看護師国家試験である

NCLEX-RN(エヌコレックスーアールエヌ)

について書類提出の方法から問題の内容まで

とても具体的に書いてあります。


本の前半はアメリカ看護師の実情について、

本の後半はアメリカ看護師試験の実情と

日本人で合格した人の話を書いてあります。


アメリカは看護師の試験は州ごとであり、

日本人看護師であれば、NCLEX-RNに合格すれば、

基本的にアメリカ看護師免許が獲得でき、

仕事先さえあれば、看護師として働くことができます。


またアメリカの大学院に行く際も

この免許があることが前提となっています。


YUITOも時間がない日が続き、

今年度こそどうにか受験したいと思っています。


おかしな状況ですが、

まわりがみんなもっているので(笑)。


半年くらいで合格できるらしく、

看護の内容は日本より簡単で

専門英語を覚える作業になるそうです。


アメリカ人を含め、

みな同じ参考書すすめるので、

とりあえず買ってみました!


参考書(アメリカの定番らしいです)

Saunders Comprehensive Review for the NCLEX-RN® Examination, 5e (Saunders Comprehensive Review for Nclex-Rn)

Saunders Comprehensive Review for the NCLEX-RN® Examination, 5e (Saunders Comprehensive Review for Nclex-Rn)


問題集(これをひたすら解けと言われました)

Saunders Q & A Review for the NCLEX-RN® Examination, 5e (Saunders Q&A Review for NCLEX-RN)

Saunders Q & A Review for the NCLEX-RN® Examination, 5e (Saunders Q&A Review for NCLEX-RN)


個人的には

とってもあまり意味はないですが、

勉強のために今年こそ、

いや来年こそ(笑)

NCLEX をとりたいと思います。


みなさんもこの本を読んで、

アメリカ看護師免許を考えてみて下さいね!



ちなみに、合格したアカツキには

どうしたら最短距離で合格できるか教えて下さい(笑)。


Beyond nursing!

f:id:yuito33:20120411173602j:image