NEW NURSING

世界で活躍する疫学者が日本の医療について議論する記事です。

NEXT Health Care

次世代の医療へ

麻酔看護師2

では、では、昨日に引き続き「麻酔看護師」


中東の裕福な地域では、ほとんど日本と変わらない。
しかし、中東の田舎とアフリカは、なんせ手押しの麻酔機。
いやー、どうする。麻酔機を何時間押すのさ!


けれど、めんどくさいのは外国人も一緒。
実は挿管じゃなくて、静脈麻酔とブロックがメインな麻酔法なんです。


そして、無敵のケタラール。
筋肉注射、静脈、そしてdripとひたすらケタラール。
循環動態の変化も少ないし、ほぼ無敵です。


ま、四肢ならブロックでどうでしょうというかんじ。

YUITOも一緒にケタラール。
もちろん、モニターとはほとんどないので、
右手で橈骨動脈に触れて、「BP120くらいかなー。」と思いつつ、
左手で息を確認して、「あれ、息弱くない?」といった状況。


五感を駆使するとは、こういうこと何ですな。


症例:10歳男児
経過:木登り中に転落し、右下腿の開放骨折
術式:透視下で髄内釘

YUITO&ケタラールショット


やはり彼らの麻酔管理や手技は場数を踏んでるだけあって、
メチャクチャすごい。マジ日本ってまだまだだなって思います。


はやく日本も麻酔看護師を導入して、
医療スタッフ全体のレベルの底上げをできると、
患者さんの利益になりますね。


一日も早く、日本にNPができることを期待しています!
日野原のじいさん曰く、「患者のために法律なんて破ってしまえ!」
まさにその通り。


次世代の看護は自分たちで定義して行かないといけないですね。
若手看護師もがんばろー♪


ちなみにYUITOは世界どこにいっても、この格好です。
ただのパッカーみたいですが、CDCインターンです。


YUITOの日常ショット