読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEW NURSING

世界で活躍する疫学者が日本の医療について議論する記事です。

NEXT Health Care

次世代の医療へ

ナイチンゲールと看護理論

看護の定義とはいったい何でしょうか?


ナイチンゲールによると

「看護とは、生命力の消耗を最小限にするよう、

 すべてを整えることである。」

と定義されています。


YUITO は学生時代にこの定義に不満を感じ、

ナイチンゲールの書籍をほとんど読破しました。


まずは「看護覚え書き」ですが、

アメリカの看護学の中では、ナイチンゲールは、

「看護理論ではなく、看護哲学 ( philosophy )」

分類されています。


その理由として、


1 ) ナイチンゲールの看護に対する功績

ナイチンゲールの残した記録、思想は現代看護の基盤であり、

 もはや理論ではなく、思想であり、哲学そのものである。


2 ) 看護理論として実証されていない

・哲学であるが、理論としては実証( operational system proof )

 されておらずに、根拠としてはエッセイ程度になってしまう。


※ 比較として Jean waston のケアリングは内面の相互作用に

 焦点を当てていて難解ですが、しっかりと測定できる次元まで

 具体化して実証して、理論を証明しています。


※つまり、理論の概念の関係性 ( theoretical framework ) を

 実際に測定して証明できるまでの

 具体的なシステム ( operational system )

 まで落として、実証したのが理論であり、

 証明されたことが根拠となる。


「看護覚え書き」


これは、みなさん学生時代に読まされたことでしょう。

けど、これは看護師にではなく、

すべての女性を対象としたものであり、

根拠としてはエッセイなので、

(婦人の経験談の本)

理論を学ぶというより、

その看護の視点と思考を身につけるために読むべき本です。


書いてあることが、すべて正しいわけではないです。

だから、これを読んで、おかしいなと思っても

それは非常に自然な感覚なのです。


それより、看護は「健康と人間と環境」に焦点をあて、

病気から精神的なもの、食事や音にまで

ケアの意識を延長するという

看護の視点と思考を抽出できればよいのです。


これがYUITOの原点です。

いつ読んでも神聖な気持ちになります。


看護覚え書―看護であること・看護でないこと

看護覚え書―看護であること・看護でないこと


個人的には公衆衛生看護師にまで早い時期に言及している

こちらの本でナイチンゲールのすごさを知りました。


熟読必須です。



これを読むとさらにナイチンゲールが理解できます。

マニアなので、学生時代に授業さぼって読破しました。

ナイチンゲールの生涯を知らずに、「看護覚え書き」は語れません。




看護が漠然と存在していた時代に

看護を言語化して体系化し、

疫学をつかって論じたナイチンゲール

看護界のみならず

医療界に大きな影響を与えた人物でした。


ただ、冒頭のナイチンゲールの看護の定義は

本質であるが、古いものでもあるので、

今の時代に即した「あたらな看護の定義」が

不可欠かつ社会から求められているのである。


さて、次世代の看護をどうやって定義しましょうか?

一緒に考えていきましょう!!


ちなみに、原著も読むともうマニア仲間入りです。