NEW NURSING

世界で活躍する疫学者が日本の医療について議論する記事です。

NEXT Health Care

次世代の医療へ

中東・アフリカの看護

さてYUITOが、

「国際保健・国際看護の何の研究をしているか」

私ごとですが、書いてみます。

今は3箇所で研究に取り組んでいます。


まずは「アフリカ」


タンザニアという国で、

これは公衆衛生の疫学という分野の

HIV/AIDSのsurvey」を行っています。


マサイ族や動物のサファリが有名な国で、

主に都市部で男子学生を対象に、

HIV/AIDSに関するリスクファクターや

予防に関する意識を調査しています。


貧しいが安全な国で、

よきアフリカの典型的な国です。


しかし、

ここ数年でアフリカは劇的に変わりました。


この本を読むと現代のアフリカを知れます。

最近の日本語の本で一番オススメなアフリカ本です。


アフリカ―資本主義最後のフロンティア (新潮新書)

アフリカ―資本主義最後のフロンティア (新潮新書)


英語のアフリカ本で、最近の一番のオススメはこちらです。


The State of Africa: A History of Fifty Years of Independence

The State of Africa: A History of Fifty Years of Independence


次に「中東」


カタールという国で、

看護人材開発を研究しています。


まだ研究の前段階ですが、

様々な国の看護師が集まるので、

どうやってdiversityを尊重しつつ、

看護師の質を担保していくかです。


カタールは中東の主要地であり、

日本からも近く、非常に住みやすい都市です。


現代イスラム教はわかる本はこちら。

研究に基づく議論で、その価値観が驚きの連続です。



最後は「カリブ海


レゲエが大好きなYUITOとしては、

ジャマイカの看護が気になるので、

今年は夏にキングストンの UWI 大学に

短期留学して、勉強する予定です。


また夏にジャマイカの看護が

どうなっているのか、

逐一報告したいと思います。


まさに名曲 " night nurse " ですね。


国際看護は地域・領域ともに

幅広く、誰一人として同じ研究はしていません。


同業者の方や

これから目指す方といろいろ議論できると幸いです。


今日は概要だけなので、

近くに詳しい現状を書きますね。