読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEW NURSING

世界で活躍する疫学者が日本の医療について議論する記事です。

NEXT Health Care

次世代の医療へ

麻酔看護とは?

今日は、ひさびさのOFFということで、

遅く起きて、NETしていると次第にイライラ!


あるは、あるは、

NPと麻酔看護師に関する批判サイトが!


日本での導入に関しては、確かに賛成・反対の

両方の視点からの議論が不可欠です。


しかし、その反対の内容がただの利権じゃないか!?

NPや麻酔看護師の導入を恐れているのは、

仕事がとられる一部の医師や看護師なんですね。


麻酔を看護師がかけると麻酔の質が下がるって?

免許の問題ではなく、質の問題でしょう?

麻酔の最新の論文読んでますか?

Evidenceとして麻酔看護師の質は確立されてますよ。


こういう暴論はやめていただきたい!

ま、あまりイライラしてもしょうがないので。


医療者の利権は置いておいて、

患者の視点からすると、

迅速にある程度質の保たれた医療が提供されるのが、

もっとも安心できる医療ではないでしょうか?


深夜勤務で、病棟の看護師が当直医師にcall

「呼吸状態悪い方がいて、血ガスお願いします?」

医師は、

「今、休患対応中なので、後で行くわ。」


30分後、再度病棟看護師が、

「先生、あの人、呼吸止まって、SpO2=80%です!」

医師、

「ええええ。」


よく見る光景ですね。

そこで、血ガス取ったら、CO2=90とか.


さらに麻酔科医師がひとりしかいない地方の病院で、

「appeの患者が来て、できたら緊急OPEしたいんだけど。」

「今、麻酔科の先生、学会でいないんだよね。」

「そっか・・・」


よくある光景ですね。


つまり、患者側からの視点で、

1 ) NPや麻酔看護師は導入する根拠は何なのか?

2 ) 質をどう担保するのか?

という2つの問題に明確に答えれれば

日本でもNPや麻酔看護師を導入すべきだと思います。


世界的には、様々な国がNPや麻酔看護師をとりいれています。

医師でも看護師でもできる状態(スキルミクス)にあると、

さまざまなことが効率的に行えます。


アフリカで休みの日に麻酔の勉強のために、

現地のアフリカ人麻酔看護師と一緒に、

世界的に有名なアメリカ人脳外科医の手術に入りましたが、

麻酔導入の早さや先を読んだ麻酔展開とコニュニケーションで、

「このCRNA(麻酔看護師)はアメリカ人麻酔医よりすごいぞ。」

と評価して、RESPECTしていました。


つまり、医師や看護師とかいう免許の問題より、

実力のある人がどんどん行っていくというシステムが、

患者にもっとも利益を享受できるのです。


現在の麻酔看護というと、器械出しという印象がありますが、

本当は麻酔をかけて、全身状態を的確に診ることが、

麻酔看護そのものであると思います。


1日でも早くNPや麻酔看護師ができることを期待しています。

早くしないとデキル看護師が日本から流出してしまいますよ。


詳しくは、こちらを参照してくださいね。

NPコスメ協議会|美白と美肌を極めたい | NPコスメ協議会ではスキンケアに欠かせない美白と美肌についてのポイントをまとめています。


イライラしてすいませんでした。